食事メニューに迷わずに美しさを保つ工夫

ヘルシーでバランスのとれた食生活は美容に良いとわかってはいても、実践するにはなかなか難しいものがありますよね。
まず、毎日の食事メニューを考えるだけでも超大変です。
わたしも長年悩んできましたが、最近では食事メニューをパターン化させています。
具体的には朝は玄米、野菜のみそ汁、お刺身。
夜は、冷蔵庫にある野菜を切って山盛りサラダを作ります。
レタスをはじめ、大根、ニンジン、キャベツ、小松菜、チンゲンサイなどなど、そのとき冷蔵庫に入っている野菜を切るだけです。
そして、味付けはというと、市販のドレッシングは添加物やよくない油が使われているので使うことはありません。
塩コショウをしてからアマニオイルとバルサミコ酢をかけていただきます。
これだけでも十分おいしいですよ。
なにより添加物ゼロというのが良いです。
そして、アマニオイルはオメガ3という積極的に取りたい油の1つです。
ちなみに朝のお刺身のなかにもオメガ3は含まれています。
現代人はこのオメガ3が不足しているので、毎日の食生活にぜひともとりいれたい油です。
このように、わたしの場合、朝と晩の食事メニューはほぼ決めています。
だから、嫌でも朝と夜にはオメガ3の油がとれますし、食事メニューについても何にしようかと迷うことがありません。
どれも作るのにそれほど時間がかかることもありませんので、時間の節約にもなります。
そのかわり、お昼は割とカロリーなどあまり気にすることなく、好きなものを食べるようにしています。
お好み焼きやお肉、丼もの、パスタなどを食べることが多いですね。
だから、食事メニューに迷うとすればお昼ぐらいです。
あまり迷わず、ほぼ自動的に実践できる工夫をするのが美活を一生続けていくためのコツなんじゃないかと思っています。
美活といえば、毎日青汁を飲むという人も多いことでしょう。
でも、青汁はマズいのが一般的ですよね。
ところが最近はマズくない青汁というのもあるようです。
たとえば、マイケアのふるさと青汁という商品名の青汁です。
ふるさと青汁は抹茶のようにおいしく飲むことができる青汁です。
それでいて、よく店頭で見かける青汁に比べてもビタミンが豊富です。
どうせ飲むならおいしく青汁を飲みたいですよね。
だから、今までマズいことが理由で青汁を敬遠していた人には、ふるさと青汁はピッタリと言えます。
ちなみにふるさと青汁は店頭販売はされておらず、通販限定の青汁なのであしからず。
ふるさと青汁 店頭
美しさを保つためにはまずは健康面に目を向けること。
本当の美しさというのは内側から元気が湧き出てきているものなんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です